アイディアを具現化するために必要な熟成時間・30分孤独になってみる

例えば、何かを始めようとした時。

ネットで学説を検索したり、解説の動画やブログ、記事などを

チェーンのようにむさぼるかもしれません。

大量に溢れる情報、意見、アイディア・・・それらを手繰っていくことは終わりなく、

いつまでも続けられてしまいます。

関連する内容は・・・興味のある人はこんな情報も・・・

リンクの先にリンクがあり、知識の興味を刺激し続け、

気が付けば同じような内容にいくつも出会い、あまつさえ目的とは関係ない情報にまで

手を伸ばして、無駄に膨大な時間を食い潰してしまいます。

時間が無限にあり、ネットの海にひたすら漂っていられるなら、それも構いませんが、

大半の人たちにとって時間は有限であり、行動の必要があり、望むべきものは、

その行動の先にあるのです。



あなたの脳は単なる記憶装置ではありません。

あなたの脳がすべきことは「創造」することです。

 

限られた時間を使って、自分の最大限のパフォーマンスを引き出すには

  1. 目的を見失わない(常にアウトプットを意識しながらインプットする)
  2. 一通り情報に浸ったら熟成させる(ふるいにかけ、絞り込む)
  3. 行動する

といった流れが大切になります。

アウトプットを意識しながらインプットする

前述のとおり、情報をインプットするだけのことに意味などありません。

咀嚼し、自分に落とし込んだ上で、どうアウトプットできるか、

あなたに求められているのはまさにその一点です。

なんのために情報収集をしているのか、

それを明確にしておきましょう。

アウトプットの形や仮説を用意して、始めるのもいいアイディアです。

例えそれが先入観であっても、固執することなく、柔軟に考えられるのであれば問題ありません。

「的を絞って追求していく」ことです。

30分考える

的を絞ってある程度情報を引き出したなら、
一度、何も見ない、何も聞かない、何も発しない時間を作ります。
パソコンやスマホ、本やテレビ、周りの人間、
全てから自分を切り離して、思考に没頭する時間です。
瞑想ではなく、
ただただ、ひたすらに考えるのです。
30分。
熟成させる時間です。

60分以内に行動する

蓄えたものを熟成させたら、はじめましょう。
60分以内で。
時間の目安をつけるだけで
考えにメリハリが
行動にスピード感が出てきます。

自分自身を向上させていくために

30分思考/60分行動のやり方は、自分を見つめ、改善していくことにも活用できます。

30分、一人になる

一人になる時間はとても大切です。
一人で考えることはさらに大切です。
孤立するのはしんどいですが、
孤独になれる時間はチャンスと言っても過言ではありません。
唯一頼れる、自分と対話できる時間です。
瞑想するのも良いでしょう。
ただ想いにふけるだけで良いのです。
一日30分は、自分について、考える時間を持つことをお勧めします。

60分以内に立つ

打てば響く人、と言われる人がいます。
迅速に対応する人、すぐ腰が上がる人
そういう人たちは、
やろうと思えばできることがたくさんあることを知っています。
自分が動くことで、次に開くべきドアが、近くなることも体験から知っています。
思い立ったら、行動しましょう。
30分考える
思いついたら
60分以内に行動する
そんな意識を片隅に置いて、動いてみましょう。
今まで、ダラダラと決めあぐねていたこと、
いつまでも行動に移せなかったこと、
出口が見つけられなかったこと
そんな事案を動かすのは、今かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました