脳のリミッターを外し、火事場の馬鹿力を引き出す!

ジェイソン・ステイサム主演の
アクション映画でもお馴染み?の
「アドレナリン」

いざという時、
思いがけない力を発揮する
いわゆる「火事場の馬鹿力」は
アドレナリンのなせる技と言われています。

また、陸上競技の砲丸投げの選手や、
ウェイトリフティングの選手が
ぅおおおおおおおううぅりゃあぁぁぁ!!!

などと叫ぶのは
「シャウティング」と呼ばれる
アドレナリンのコントロール方法で、

実験でも、お腹の底から絞り出すような
大声で叫ぶことでアドレナリンが分泌される
ことが判明しています。

アドレナリンとノルアドレナリンは、
ともに化学式にカテコール核と
アミノ基を持っているため、
カテコールアミンといいます。

*ノルアドレナリンについてはこちら
ストレスに打ち勝て【闘争と逃走のホルモン】
を参照してくださいね。

どちらも、生体を興奮状態にする
という作用は類似していますが、
微妙に働きの異なる点があります。

脳のパフォーマンスを高める
ノルアドレナリンに対して、

アドレナリンは心臓や筋肉などの
身体のパフォーマンスを高める
役割を持っています。

ノルアドレナリンと同様に、アドレナリンも
ストレスに対応して分泌されるものなので、
四六時中分泌していると、
やはりこれも心身に悪影響を及ぼします。

日常においても就寝前に、
ゲームやアクション映画などの緊張や
興奮を誘うような娯楽、
激しい運動といった行為は

アドレナリンの分泌につながり、
寝つきも悪くなりますので
あまりお勧めできません。

とはいえ、生体にはこのような
緊急時のブースター的な潜在能力が
備わっているということは
生きていく上で心強いものですね。

では、また。

明日を人生で最高の1日にしていきましょう。
Peace.

コメント

タイトルとURLをコピーしました