セックスとチョコレートとエンドルフィンと

快感を得るホルモン、エンドルフィンは
視床下部のニューロンで作られます。

麻薬の一種であるモルヒネの、
6.5倍もの鎮痛作用を持つエンドルフィン。



その作用でもっとも知られているのは
マラソンなどで聞かれる
『ランナーズ・ハイ』ですが、

実はマラソンのような極限状態に
追い込まなくても、
エンドルフィンは分泌されます。

多少息が上がる程度の強度で
15分以上のエアロバイクを漕ぐことでも
心地よいセックスや、
チョコレートなど血糖値を上げやすい糖質を
含まれるものを食べることでも
エンドルフィンが活性化することがわかっています。

苦しさを鎮痛するだけでなく
快感を与えてくれるエンドルフィンは
言わば報酬的なもの。
結果として湧き上がるもの。

故に、
ゆったりと包み込んでくれるように
満たされる快感は

ただ走る、ただ性行する、
ただ食す、といった行為だけでなく

感情を伴った高揚とともにあることで
より深く味わえるものでもあるのです。

エンドルフィンには
アルファ(α)・ベータ(β)・ガンマ(γ)の
3つがあり、その中でも、β-エンドルフィンは
苦痛を取り除くときに最も多く分泌されます。
(この記事内でのエンドルフィンとは
β-エンドルフィンをさしています)

では、また。
明日を人生で最高の1日にしていきましょう。
Peace.

コメント

タイトルとURLをコピーしました