一流は面倒だが、三流はお手軽である

どこの世界でも、

一流、三流は存在しています。

 

料理などを例にとれば、

一流料理人の作る料理は、

出汁から何から、やたらと手間のかかることを労力を惜しまずに作ります。

一方、三流では、

面倒くさいことを省く傾向があります。

 

「手間を省く」ということは、こだわりを無くすのと同義です。

 

これが、

『一流は面倒、三流はお手軽』

と言われる所以(ゆえん)です。

 

突き詰めていけばいくほど、「面倒なことこそ、大事」になるのです。

そして、さらに言えば、

一流は「面倒から、さらにもう一手間」をかけます。

念の入れようが違うのです。

 

一流を知ることは、本物を知ることです。

 

一流と三流とでは「当たり前の基準」が違います。

 

常に一流に囲まれた生活は難しいですが、

機会あればできるだけ、一流に触れましょう。

「私には身の丈が・・・」とか

「なんか気取ってて鼻につく」とか

自分にとってどうだという感情など、脇へ置き、

[一流とはどういうものなのか]

[トップの基準はどこにあるのか]

といった部分に焦点を置いて、

素直に観察し、触れてみるのです。

 

目が肥え、舌が肥え・・・

五感が研ぎ澄まされ鍛えられていくと、

微妙な、それでいて大きな

一流とそれ以外との差がよりハッキリ見えてきます。

(一流と超一流との違いもまた、わかってきます)

 

自分が従事する分野、得意な分野であればあるほど、

その違いがわかっていなければ、

本物を提供すること、本物を作り出すことはできないのです。

 

 

では、また。

明日を人生で最高の1日に。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました