人生にあるべき形などありません。人生は、あるがままなのです。【ヴァージニア・サティア】

ヴァージニア・サティアの名言に

 

 人生には「どうあるべき」という形などありません。

 人生は「あるがまま」なのです。

 あなたがどう対応していくかが重要なのです。

 

という言葉があります。

 

人生にあるべき形などない。つまり、正解などないということ。

思う通りにはいかない、ということかもしれません。

 

あるがまま

歩んできた通り

今目の前にある通り

あなたの前に横たわっている生活

信じて歩んできた道のり

それこそが人生である、と。

 

今まで人生で起きてしまったことは、もう自分でどうすることもできないものばかり。

「自分の人生」の中で、重要なのは、

それらに対して、今後自分がどう考え、どう振る舞うのか。

どういう態度で、どういう姿勢で臨んでいくのか。

そういう心構えが大切だということですね。

 

どう生きたいかを決めておく。

どう生きていくかを決めてゆく。

 

思う通りには進まなくても、進んだ先でどう生きるかをまた、決めてゆく。

 

ずっとこのままでいたいと思っても、否応無しに時間は進みます。

人生は進んでいきます。

自分らしく、自分が行きたい方向へ歩いていく。

その先に起こることは、甘んじて受け入れていく。

そうやって生きていくしかないのです。

仏陀が最初に悟ったこととは「人生は困難である」だったそうです。

人生に困難が待ち受けているのも当たり前なのかもしれません。

 

逆境が、新たな道を、新たな人生を歩ませることになるかもしれない。

それならそれで「あるがまま」を受け入れて進んでいくしかありません。

 

人それぞれ、いろんな出来事があり、本当にいろんな悩みがありますが、

「健康」があれば、乗り切れる。やり切れる。

「あるがまま」に対応していくためには、健康という武器は欠かせないものです。

 

今、手にしている素晴らしい宝物を

あらためて大切に、感謝して暮らしていきたいものです。

 

では、また。

明日を素晴らしい1日に。

Peace.

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました