成果を上げたいならスピードを上げよう【打てば響く人になる】

スピードはそもそもかっこいい

 

「SPEED」という映画は私の大好きな映画の一つです。

超高速スピードで動きまわるヒーローの「THE FLASH」も大好きなドラマです。

共通する、この「スピード」という言葉は実に魅力的な言葉で、聞いただけで緊張やワクワクを感じさせます。

高校生くらいまでは、足の速い人はヒーローでした。足が速いということは早く走れる体や動きをしているので、その躍動する姿はやっぱりカッコいいわけです。

クルマだって魚だって鳥だって動物だって、速く進めるものはカッコいいのです。

 

スピードが成果に直結する

 

スピードには「速さ」の他に、「早さ」もありますが、その「早さ」を重視して行動することによって、姿形とは違ったカッコよさを身に付けることができます。

大人になると、その「行動の早さ」を身に付けることの方が、よりカッコよく見えるのも事実です。

それは、世の中の問題の大半はスピードによって解決できるからです。

単純に

  • メールや問い合わせの返事を即座に返す
  • 頼まれごとをすぐにこなす
  • 決断を早くする
  • 3日かかることを2日で済ます

なんてことが実現できただけでも、かなり問題が改善されます。

レスポンスが優れていることは、まず頼りになりますし、やり取りを密にできることで、

詳細の確認が容易にでき、意思疎通がしっかりとれます。

それは、すれ違いや、思い違いといったイージーミスやケアレスミスを防ぐことにも繋がります。

決断が早くできれば、行動に早く移せますし、例えうまくいかなくても、早めのリカバリーが可能になれば、損失を最小限にすることも可能です。

リーダーシップをとるには決断の早さは重要です。

3日かかることを2日でこなせるということは、物凄いこと。

それを達成し続ければ、3年かかることが2年でできるわけですから、事業をやるにも個人の成果にしても大躍進間違いなしです。

考えるスピードを上げる

行動を起こすまでのスピードを上げる

移動スピードを上げる

レスポンスのスピードを上げる

作業のスピードを上げる・・・

 

日常の様々な事柄のスピードを上げることができれば、より大きな成果を得られます。

組織のスピードを上げるには

 

組織全体でスピードを上げていくためには個々のスピードを上げていくことが不可欠です。

ただ、そもそもスピード感というものに個人差があるので、全員の足並みを揃えてスピードアップしていこうとすると、その壁はそれなりに高くなっていきます。

その上で、組織としてのスピードを上げていくためには、強力なリーダーシップを発揮できるカリスマのような人が求められるわけですが、厄介なのは人格がうまく伴っていないとリーダーシップが諸刃の刃になりかねないという点です。

独善的であったり高圧的であったりしては、リーダーシップがうまくとれないことは明白ですから、内部分裂を起こしたりリーダー不信にさせたりしないために、人望厚い人を見つける、もしくはあなたがそうなることが重要になります。

個々のスピードが違う以上、早い人に合わせるのも、遅い人に合わせるのも難しいものです。

重要なのは、組織全体の足並みを無理に揃えるのではなく、早い人は早い人なりに、遅い人は遅い人なりにスピードアップをはかれる仕組みにしていくことでしょう。

そして、それぞれのスピードアップをそれぞれの評価軸で評価していく。全体のスピードを上げていくには、そうした工夫も必要となるでしょう。

自己のスピードを上げてゆく

 

まず、誰もができること、取り組めることが

『自分自身のスピードを上げていく』ということです。

周りにイラつくことなく自分のスキルを淡々と上げていく。

そうした日常の中で周囲の人を助けていく事によって、全体のスピードも上がります。

一足飛びに何かを成し遂げようとするのは大変ですが、

意識を持って取り組んでいくことで確実に物事は改善され、確かなスピードアップがはかれます。

 

今ひとつ成果が上がらない、人間関係がうまくいかない、リーダーシップがうまくとれない・・・

そんな悩みを持っている人は、速さでなく早さを意識して

少しだけスピードアップすることに取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました