人を全力で幸せにしてゆく【人の幸せに貢献する】

運の良さは幸せにした人の数の多さで決まる

ずいぶん前に読んだ本の中にあった

「運の良さは、幸せにした人の数の多さで決まる」

という一文が、今でも心に残っています。

 

「運」というのは、自分でどうこうできるものではありませんが、

人に尽くす、人を幸せにしていくということができていたら、

そんな生き方ができたら、

「運」は自然と引き寄せられてくるのでしょう。

 

自分に良くしてくれた人に会ったら、進んで挨拶もするし、

逆に助けてあげたいとも思います。

人に助けられたら誰だって「自分は運がいいな」と思うわけで、

人に尽くす、徳を積む、という行為は自然と自分に運を手繰り寄せるものである

と言っても過言ではないでしょう。

 

[情けは人の為ならず]という言葉を引用するまでもなく、

人を幸せにすることは、

自分が幸せになることにも繋がりますから、

人を幸せにできれば、自分の運気も上がっていくという話も納得できます。

 

 

多くの人を幸せにできるかどうかは、

ニーズに合致するもの、感動するもの、感謝されるものを

提供できるかどうかにかかっています。

 

なので、最低限、それさえできたなら良い!と思いますが、

それって結局、ビジネスの大前提だったりするんですよね。

「人を幸せにする」の『人』を、

人=顧客

人=社員 に置き換えてみれば、

多分、大概の企業理念に合致すると思います。

 

つまり、個人でも企業でも、

同じ方向を向いて歩んでいる、歩んでいきたいと願っている

というわけです。

〜人の幸せに貢献するということ〜

人の幸せに貢献するということは、

人を笑顔にさせられるということ。

人に心の安らぎや気持ちよさを与えられること。

 

そしてそれは

いつしか自分にもその恩恵を授かる機会があることを意味します。

 

全力で、人を幸せにするために行動すること。

自分が幸せになりたいと思えば思うほど、

人に尽くさねばならないことに気付くし、無意識下でそういった行動が取れれば

様々な場面で運が味方してくれるのではないかと思います。

 

「運の良さは、幸せにした人の数の多さで決まる」

運を良くしたいから、人を幸せにしたいわけではありませんが、

人を幸せにしたら、自分の運が良くなるくらいのご褒美はある。

それは信じていてもいいのではないかなと思っています。

 

 

では、また。

明日を人生で最高の1日にしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました